ストーリー

“もう一度会いたい初恋の人へー”
23年前の初恋の相手から届いた一通の手紙を元に描かれる、切ないほどひたむきな青春純愛ストーリー。


2014年、ラジオDJボムシル(D.O.(EXO))の元に届いた一通の手紙。それは初恋の相手からだった。
リクエスト曲 Kansasの”Dust in the Wind“が流れると、心の片隅に閉まっていた23年前の初恋の記憶が蘇る。

舞台は1991年夏。
夏休みを迎え、スオク(キム・ソヒョン)が待つ地元の島に帰るボムシル。
スオクに密かに恋心を抱くボムシルは、生まれつき足が不自由な彼女のために常に隣に寄り添い、
島で育った仲間たちと共に、楽しい日々を過ごすのだった。
ある日、スオクが主治医であるヨンイル(キム・グォン)に心を寄せていると知り、苛立ちがこみ上げるボムシル。
些細な誤解が、二人だけでなく大切な仲間たちとの友情さえも壊していく。

そして23年の時を経て明かされる、スオクが本当に伝えたかった言葉。
大切な仲間へ。そして愛する人へ。